女性からモテたいなら「男らしさ」より「楽しい」気持ちにさせる会話が重要なのです!

MENU

 

女の子との電話でモテたいなら「男らしさ」より「楽しい」と感じさせる事が重要!

女の子にモテたい・・・男なら誰でも感じている事でしょう。

 

これは当サイトのメインテーマでもあるツーショットダイヤル番組を利用する場合でも同じですよね?電話が繋がった女の子からモテたい!女の子からモテればテレフォンセックスも過激に楽しめるし、出会う事だって可能なのですから。

 

モテる会話術

 

今回はそんなモテる男になるための「会話術」をレクチャーしたいと思います。

 

皆さんは、ツーショットダイヤルで電話が繋がった女の子に対して、どのようなキャラクターを演じていますか?

 

もちろん、自然体で接している人も多いと思いますが、その場合でも自分の性格を素直に出している訳ですから、客観的に第三者目線から見れば

キャラクターを演じている

と言えるでしょう。

 

口数の少ない性格でしたら「クールなキャラクター」と女性からは思われるでしょうし、多弁で声の大きい方なら「明るい性格」や「煩い人」などと思われるでしょう。

 

つまり、自らツーショットダイヤルでキャラクターを演じている人でも、自然体で接している人も、基本的にはツーショットダイヤル番組で繋がる初めての女性側からしてみれば

どんな性格の男性なんだろう?

という疑問を持っている状態なのです。

 

そんな初めて会話する女性からモテる男になる為に重要なポイント。

 

それは相手の女の子から自分に対して

魅力的に感じさせる

事だと言えるでしょう。

 

ツーショットダイヤルは電話のみで男女が繋がるコンテンツですから、基本的にはルックスや容姿は関係ありません。

 

男性の口調や会話の内容のみで女性に「魅力」を与えなければならないのです。そして「魅力」は間違いなく「モテる」ことに直結します。

 

では、今時の男性の「モテる」タイプとはどんな感じの男なのか?

 

間違いなく

女性を楽しい気持ちにさせてくれる男

だと言えるのではないでしょうか?

 

これは、時代の流れが強く影響しています。一昔前の芸能界でモテる男と言えば

吉田栄作

 

田村正和

 

柴田恭兵

 

木村拓哉

など明らかに硬派な男がモテた時代がありました。彼等の口調の特徴としてはとにかく口数が少なく、ナルシストな会話内容が中心。笑いを取るというよりは、自分のルックスの良さを明らかに意識して女性に対して接する感じ。

 

一昔前のモテる男はこのようなクールな男性達でした。

 

しかし、今はどうでしょうか?

 

女性からモテるのは「お笑い芸人」ばかりではないでしょうか?これはテレビを見ても明らかで、硬派を売りにしたような芸能人はゲストで呼ばれる程度。

 

多くの番組を仕切っているのはお笑い芸人達なのです。現に、お笑い芸人達は大抵可愛くて美人な奥さんと結婚していますし、アイドルや女優さんなどと交際している人も多いですからね。

 

つまり、モテる男の特徴は時代の流れで

硬派な男

人を楽しませる事の出来る男

に代わって行ったのです。

 

私は、このモテる男の特徴の変化をツーショットダイヤルでの女性との会話で演じるべきなのでは?と思っています。

 

つまり、電話での会話は常に

女性を楽しい気持ちにさせる

ことを意識して会話を進めて行くべきです。

 

女性が楽しいと感じる会話にはある程度の決まりがあります。

 

詳しく書くとかなり膨大な文章になってしまいますので、ここでは箇条書きで紹介しておきます。

女性の会話に共感する

 

とにかく「ほめる」べき

 

不愉快な会話も理解する

 

聞き上手になる

 

定番のギャグや滑らない話を持つ

このようなポイントを抑えつつ、女の子と楽しい会話を進めて行きましょう。

 

そして、会話が盛り上がってきたら肝心のツーショットダイヤルでの目的にスムーズに移行する事も大切です。

 

本命の目的はテレフォンセックスや出会いですから、女性との会話が盛り上がって

「自分に対して魅力を感じてくれているな?」

と感じたタイミングで下ネタトークを入れつつテレフォンセックスに持ち込んだり、LINEIDなどを聞き出して口説いて行く準備をして行きましょう。

 

とにかく、最近の女の子達は男性に対して「男らしさ」より「楽しませてくれる」を求めています。

 

その需要にマッチしている会話さえ出来れば、それは女性からモテる事に繋がりますので、是非とも電話での会話は女性を「楽しい気持ちにさせる」と意識して会話して行って下さい。

 


PAGE TOP