大多数の女は「褒められたい」電話での出会いは褒めるを基本にナンパ攻略!

MENU

 

「褒める」を意識したツーショット電話でのナンパ出会い攻略について!

今回は世の中の女性の本質に基づいた出会いナンパ攻略法を紹介したいと思います。

 

この方法は、実は私が90年代前半にテレクラに入り浸っていた時に、師匠と崇めていたテレクラナンパ師に実際に教わった手口なのですが、この方法を電話ナンパに取り入れてから私のアポ率は桁違いに跳ね上がりました。

 

当然、即アポからのセックス回数も増えましたし、セフレも年間100人斬りは当たり前のハーレム状態をキープ出来るようになりました。

 

褒める電話ナンパの極意

 

そして、この方法はテレクラと親和性の高いツーショットダイヤルでも確実に有効な手段ですので、是非とも頭に入れて実践してみて欲しいと思います。

 

では、具体的な手法についてレクチャーして行きます。

 

このナンパ手法の本質は

女は褒められるとテンションが上がる

この習性を利用して行きます。

 

とにかく女性のあらゆる面を褒めるんですよね!

 

本質的にはたったこれだけで出会えるアポ率が跳ね上がります!

 

しかし、褒めると言ってもツーショットダイヤル番組で電話が繋がる女性達は基本的に初対面の子である事が多いですよね?ここで問題となって来るのが

何を褒めれば良いのか?

これが非常に問題になって来る訳です。

 

注意点としては、むやみやたらに「褒める」のはNGです。例えば、電話が繋がって相手と軽い挨拶を交わした直後に

キミの声は凄い可愛いね~セクシーで凄く良い声だよ!

決して、悪くはないんですよ?でもね?褒めるタイミングが余りにも唐突過ぎるんです。これで褒められたと認識してくれる女性はいるとは思いますが、心に刺さるレベルとはなりません。

 

では、どうやって褒めるべきなのか?

 

それは

こちらから褒める為の材料を質問して行くのです

 

具体的にはテレクラやツーショットダイヤルの会話のド定番でもある電話が繋がった女性に対して

似ている芸能人やオッパイのサイズを質問する

なんてのは「褒める」格好のネタ振りになりますよ!

 

例えば、私が相手に対して「芸能人で誰に似ているとか言われたことってある?」と質問して、その女性が「篠原涼子」と答えたとしましょう。そしたら、私ならこう褒めますね。

じゃあキミは大人っぽくてセクシーな女性なんだね。髪は黒髪のロングヘアーかな?

 

そういえばキミの声って篠原涼子に似てない?凄い甘い声だと思ってたんだ。

 

かっこいい女性って魅力的だと思うよ!俺も付き合うならキミみたいな子がタイプだな。

このように、こちらからネタ振りして女性が答えた回答に対して褒めまくるんです!

 

この場合は相手の女性は少なからず「篠原涼子」を意識している訳ですから、こちらも篠原涼子が好きだと言う体で会話を進めつつ、相手の女性に篠原涼子を重ねながら褒めるのです。

 

たったこれだけの会話をするだけで一気に相手の口調のテンションが上がってくるのを実感できると思いますよ!

 

更に、オッパイの大きさを聞くってのも女性を褒めるキッカケになります。

 

この場合は少し雑談トークを暖めた段階で切り出すのがポイントになりますね。少し下ネタトークで会話が盛り上がってきたら唐突に聞いてみるのです。

 

キミってバストはどれくらいのサイズ?

初対面の男にバストサイズを聞かれるなんて気分が悪くなると思われる方もいるでしょうが、これはあくまでテレクラやツーショットダイヤル上での会話ですからね?エロい会話前提のコンテンツにおいてこの質問を嫌がる女性は皆無です。

 

そして、大抵の女性が実際のバストサイズより少し盛って来るのも基本中の基本(笑)大抵の場合が、C以上のカップ数を答える筈です。

 

女性の口からカップ数を聞きだせたら、直ぐに褒めましょう(爆)

凄い大きいね!僕もそれくらいの大きさが好きだよ!

 

丁度良い大きさだね!キミの声からして柔らかそうなオッパイな気がするよ

とにかく、そのカップ数に対して肯定的な意見で褒めます!

 

女性にとってバストは非常に重要な体の部分です。例え電話というバーチャルな空間でも女性の命でもあるバストを褒められて悪い気になる女性はいませんからね。

 

更に、バスト談義は女性を気付かぬ内にエッチな気分にさせる効果もありますので、ここから徐々にエロモードに持ち込むキッカケにもなるのです。

 

上記のようにテレクラやツーショットダイヤルでは「褒める事」がナンパや出会い成功の近道になる事が非常に多いのです。是非とも、様々な「褒めるキッカケとなる質問」を自分でも考えて、オリジナルな電話ナンパの手法として活用してみて下さい。

 


PAGE TOP