「安心感」こそツーショットダイヤルを使い電話で女の子と出会える近道!

MENU

 

女性への「安心感は」ツーショットダイヤルで出会う為の最短の道!

ツーショットダイヤルやテレクラでの出会い。その本質は電話の会話のみで女から自分に会いたいと思わせる事だと言える。

 

女性に電話で安心感を与える事が重要

 

では、初対面で繋がる男に対して相手の女が

この人と会ってみても良いかな?

というポイントは何処にあるのか?

 

私はこのポイントこそが、テレクラやツーショットダイヤルで女性と出会える人と全く会えない人の大きな違いだと確信しています。

 

今回はそのポイントについてレクチャーしたいと思います。

 

単刀直入にその答えを一言で表すと

安心感

だと私は考えています。電話コミュニティーは基本的に初めて電話で繋がった女性を口説かなくてはならないコンテンツ。

 

当然、電話が繋がったばかりの時点ではお互いに赤の他人です。赤の他人でしかも相手は異性である。更に、最終目的は待ち合わせをしてセックスすることですからね?

 

女性に対して並大抵の安心感を与えただけでは、ここまで辿り着くのは難しいのが当たり前くらいに思っておくべきです。

 

しかし、女性への安心感というのは的確な情報を与えれば、基本的にはどんな女性にも安心してもらう事は可能です。それに、ツーショットダイヤルやテレクラは少なからず女性の方もエッチな展開を期待している訳ですから、これから紹介するポイントを頭に入れてもらえれば、成功のチャンスは誰にもあります。

 

先ず、重要なのは社会人としての最低限のマナーが出来ているかどうかです。

 

電話が繋がったら、先ずは

こんにちは

 

今晩は

 

始めまして

など挨拶を必ずしましょう。

 

細かい点かもしれませんが、ぶっきら棒にいきなり

今日会える?

なんて切り出す男と比べれば、挨拶出来る男は圧倒的に安心出来ますからね。

 

次に、自己紹介です。実は電話コミュニティーにおいて、この自己紹介はかなり重要なポイント。何故なら、自己紹介は自分語りの場でもあり、自分の事を良くみせる為の素晴らしい時間になるからです。

 

絶対に自己紹介に入れてもらいたい点は

自分の仕事について

です。女性にとって男の仕事は非常に重要な判断基準になります。ですから、会社名などは出さなくても業種や立場についてはある程度打ち明けたい。

 

もちろん、ある程度の嘘はOKですからね。別に彼女や結婚相手を見付ける場ではありませんので、ここは多少の嘘を付いでも、女性からの安心感を取りましょう。

 

例えば

僕の仕事は某上場企業の営業マンで保険関係の業種。その会社で10年間働いており、もう少しで管理職になる予定です。

この程度でOKです。

 

注意点としては、社長や自営業はなるべく控えるべき。世の中からみた社長や自営業のイメージって実はそれほど良くないからです。社長はいかにも遊んで成金なイメージが強いですし、自営業はどんな仕事をしているか分からない怪しい人に思われる事が多いからです。

 

本当に自営業や社長をしている方は、少し嘘を付いてでも、普通のサラリーマンか会社の役員程度に留めておくのが理想だと言えるでしょう。

 

上記の挨拶と自己紹介のポイントだけでも実はかなり相手の女性に安心感を与える事が出来たりします。また、この過程を無事にこなせれば、その後の雑談トークもかなりスムーズに運ぶでしょう。

 

長くなりましたが、今回は2つの女性への安心感の与え方について紹介しました。

 

次回は更に具体的で雑談トークにも踏み込んだ電話コミュニティーにおいての女性への安心感の伝え方について紹介して行きます。

オススメ 電話での出会いにチャレンジ!
人気ツーショットダイヤル比較

 


PAGE TOP