ツーショットダイヤルでのご当地トークや方言テレフォンセックススポットについて語ります。

MENU

 

ツーショットでご当地トークや方言エッチスポットを楽しむ

ツーショットダイヤルを使ってテレフォンセックスする人々はスマホとLINEが登場して以来、その人数は爆発的に増加している。

 

方言テレセやご当地トークについて

 

その流れは、男と女の刺激的な出会いの世界にも直ぐに反応した。リアルタイム性の薄いメールを使った出会いコンテンツには閑古鳥が鳴いている状況。変わりに盛り上がるのがLINEライクなリアルタイムチャットを備えたソーシャル出会いアプリや電話で直接異性とやり取り出来るツーショットダイヤル番組の数々。

 

私が特に注目しているのはLINEの無料音声通話が当たり前となっている状況においてのツーショットダイヤルである。

 

とにかく今、直接電話でやり取りするツーショット番組は幅広い年齢層の女性から支持されている現状がある。そして、その楽しみ方も非常に幅広く多様化している。今まではストレートにテレフォンセックスしたりテレクラのような素早い出会いを求める男女ばかりだったのだが、最近は状況が一変している。

 

注目したいのが県民性や地域色を活かしたツーショットの利用だ

 

最近はテレビやメディアなどで国民性や地域独特の変わった風習や当たり前の事などを面白おかしく放送するので、ツーショットダイヤル番組でもあえて遠くの地域番号に電話して御当地トークや方言テレフォンセックスを楽しむ男達も少なくない。

 

私的はこのツーショットの現状を素直に評価している。何故か言えば新しい楽しみ方をユーザー達が作り上げているからだ。ユーザーが様々なアイディアを出してシンプルな仕組みを最大限に引き出すなんてツーショットダイヤル番号運営はなんて素晴らしいユーザー達に恵まれているのだろうか。

 

さて、このように御当地トークや方言テレフォンセックスなどで盛り上がりを見せるツーショットダイヤルだが

人気化する地域がかなり偏っている現状

に少し残念な気持ちを感じる。

 

やはり、方言が独特な地域や観光スポットとなっている地域の電話番号は人気だ。

 

京都、大阪、福岡、北海道

などが挙げられるだろう。

 

まあ、方言テレフォンセックスに関しては実際に方言を使う女性がいる地域でないと成立しないので、基本的には選択肢が限定される。

 

しかし、ご当地トークに関しては敢えて男性ライバルの多い人気の電話番号を選ぶ必要性があるのかには疑問だ。

 

何故なら、地域ネタなんてのはどんな地域を選ぶとしても、自分が詳しくなればどの地域番号でも異性とご当地トークで盛り上がる事が可能だからだ。

 

つまり、ご当地トークは47都道府県を満遍なく楽しめるチャンスが誰にもゴロゴロしていると断言できる。

 

人気スポットを楽しむのも良いが、男性ライバルが極めて少ない過疎地域を狙うのも個人的には美味しいと感じる。

 


PAGE TOP